田舎のお餅屋さんの一日

isshinnh.exblog.jp
ブログトップ

日常の試作


a0247141_8351899.jpg

昨日は起きると一面雪景色でした。
もう4月になろうとしていうのに、びっくりです。

その中にも関わらず、草花は春の準備をしていて、それを見つけるとなんだかほっとする毎日です。

皆様、お元気でお過ごしでしょうか?


今回は、最近特に新商品の試作をひたすら進めておりまして、
「日常」の紹介としまして、ここ数日の写真に収めた試作品の一部をご紹介させていただければと思います。




1 「ヨーグルトの蒸しパン3種(ブルーベリー・プレーン・キウイ)

こちらはプレーンはうまくいったのですが、他の2種類が失敗…。
水分量が難しい感じです。
味ももう一歩と言う感じでした。
a0247141_8321349.jpg



2 「くるみきんつば」

簡易的な方法を見つけたので、試してみたのですが、ご覧の通りべしゃっとなり、見事な失敗。
やっぱり和菓子に近道はないなぁと感じた次第でした。
某料理学校の本にちゃんとした手順を踏まえたレシピがあったのでそれでリトライです。
a0247141_8361238.jpg



3 「林檎と生姜とシナモンの羊羹」と「はっさくの羊羹」

「林檎」は2回目で、改良点がわかっていたので、それを踏まえて成功。
ただちょっとお値段的に無理があるので商品化は見送りに。
でも美味しいので、手土産や来客用にしたいと思います。

「はっさく」は羊羹と寒天の中間という感じでイマイチはっきりしない味。
これはお客様にはだせない味でした。
a0247141_8364728.jpg



4 「白玉粉と小豆のやわらかクッキー」

これも簡単にできると試してみたのですが…。
クッキー自体はできても「お客様に提供できるくらい本当に美味しいもの」となると難しいものですね。
a0247141_838728.jpg



5 「カレー蒸しパン」と「きんぴら蒸しパン」

アドリブで「ホウレン草とベーコンとドライトマトのイタリア風蒸しパン」をつくって成功した経験もあって安心の
出来栄え。
素直に美味しい味となりました。ごはんを食べてる感じです。
美味しいです。

現在、蒸しパンは「よもぎ」「かぼちゃ」「レーズン」「コーヒー」と出しているので、「惣菜蒸しパン」のカテゴリーで近日発売予定になります。
a0247141_8391679.jpg



6 「全粒粉の餡子サンドクッキー」

全粒粉がなかったので、セモリナ粉で試したのですが、多分それが原因で失敗・・・。
ただ、感触的にもう一度試す価値はあるかなぁと感じた次第です。
あと餡子にもうひと手間を加えると化ける可能性大。
a0247141_939239.jpg



7 「餡子和風カステラ」

カステラ専用の木型がないので、パウンドケーキの型でつくったらパウンドケーキになってしまいました笑。
味は普通に美味しい。ですが、家庭レベルの味。
素朴すぎて、旨味が足りない感じでした。
a0247141_8411733.jpg



8 手打ち生パスタ「タリアテッレ」と「パッパルデッレ」

昔、少し店で経験したのをもとに思いだしながら、ソースと一緒に売り出すのはどうかなぁと始めた試作です。
冷凍もできて日持ちもするし、田舎では珍しい商品なんですね。
粉の配合や加水率を変えたりしながら色々と研究中です。
どうせならとびっきり美味しいものを!と引き続き試作を続けていきます。
a0247141_8442026.jpg



9 「黒糖饅頭」

ただいま試作15回目。
餡や生地だけなど、個別の試作を加えると20回目くらいになります。
ひたすらトライ&エラーの繰り返しで、大分近づきつつあります。
全体の味はもちろん、生地の厚み・柔らかさ・色・形、餡の色・粘度・甘さ、寝かせる時間、蒸す時間などなど。
全てに挑戦して、もう基本のレシピの影も形もなく、完全に私のオリジナルレシピになっています。

「息子」、実は、そもそも、お菓子作りは非常に苦手で、レアチーズケーキ(ゼラチンが残って、それも危うい感じ…)しか作れなかったのですが、それでも人間粘り強く続けていくと何とかなるものだなぁと、今回大変に勉強になりました。

なんとか「餅」「おこわ」に続く看板商品にしたいので、ひたすら追求していく予定です。
a0247141_844361.jpg



以上が、ここ数日のものになります。


試作で和菓子が多いのは、販売先の「道の駅」のお客様の年齢層が高いためなんですね。
バターや生クリームが苦手な方もいらっしゃったり、健康上の理由で召し上がることができなかったり。

でも若い方にも愛されるような味も目指しています。
(その若い方向けの商品として「手打ちパスタ」を研究しはじめました)

理想は「今のお年寄りに限らず、若い方がお年寄りになっても愛され続けられる味」を追い求めています。


あくまで「餅」がメインでそれは第一の軸(父の担当です)。
第二の軸が「おこわ」(母の担当です)。
両方とも既に数種類のレパートリー(「餅」に至っては10種類以上)があります。
今、猛暑の時期など、「その両方が売れにくい時期にも安定して売れる第三の軸」を作ろうとしています。

あと、この試作のおかげでお菓子作りに大分慣れて、暇を見てはパウンドケーキやら本や雑誌でみたお菓子を作ったりしています笑。


という感じで、試作は時間のある限り毎日行っている次第です。

たまに深夜にアイディアが思いついて、工房に入ることもしばしば。
そして気付けば、そのまま朝になって仕事に入ったりと・・・。


それ以上に、とにかく「美味しいものを作りたい」。
そんな思いで、日夜がんばらせていただいております。


そんな感じで今回のご紹介でした。

それでは、また来週にお会いしましょう♪


a0247141_8543218.jpg

[PR]
by isshinnh | 2012-03-16 12:23 | 日常