田舎のお餅屋さんの一日

isshinnh.exblog.jp
ブログトップ

試作風景「じゃがいも羊羹」

a0247141_20395060.jpg


夏日のような天気が続く今日この頃、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


その前に、今回も更新が遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。


今回は久々に「食工房」らしく、お料理のお話をさせていただきます!



ということで、日頃「息子」が行っている「試作」のその風景をご紹介させていただきます。

今回は、以前ご紹介させていただきました「薩摩芋の羊羹」の季節が終わってしまい、その穴をうめるべく、
「じゃぁ、じゃがいもはどうだろう?」と思い、「じゃがいもの羊羹」を試作してみました。


それでは、ご覧ください。


まずは材料を一式。
a0247141_20412471.jpg

まずは、じゃがいもの表面を洗い、皮をむいていきます。
薩摩芋と違って黒い部分もなく綺麗なじゃがいもで、とてもやりやすいです。
今回は自分で作りながら、自分で撮っていまして、かなり必死です汗
a0247141_20414635.jpg

蒸器で火が通りやすいように薄切りにしていき、水にさらします。
a0247141_2042495.jpg

蒸布をしいて、じゃがいもを重ならないようにしきつめていきます。
a0247141_20422715.jpg

蒸器でしっかりと火を通していきます。
a0247141_20425124.jpg


その間に固める寒天を溶かしておきましょう。
a0247141_20431153.jpg

中弱火で沸騰させながら寒天を完全に溶かし、今回は上白糖で試してみます。
手は常に動かしています。
a0247141_20433351.jpg

実は今回で「じゃがいも羊羹」を作るのは2度目なんですね。
前回で物足りないと思った要素を埋めるのに今回は「練乳」をいれてみます。
もちろん練乳も手作りです。
a0247141_20435754.jpg

a0247141_20441926.jpg


さあ、じゃがいもに火が通ったか確認します。
竹串がスッと通ります。
大丈夫ですね!
a0247141_20443947.jpg

そして、冷めないうちにすかさずフードプロセッサーへ。
このあたりの動きは「薩摩芋の芋羊羹」で体が覚えているみたいです。
a0247141_2045873.jpg

プロセッサーをかけるとまるでクリームのようになめらかに。
水分量が多い証拠ですね。
なので、今回はその分、他の材料の水分量を減らして調節しています。
a0247141_20453347.jpg

そして、溶かした寒天の鍋にじゃがいもを入れてよ~~く混ぜます。
このあたりも薩摩芋よりもクリーミーですごくやりやすいです。
a0247141_20455293.jpg

混ぜましたら、今度は容器に移して固めましょう。
芋羊羹用の容器を用意していたのですが、今回は分量が少ないのでココット皿で。
バットに冷水を入れ、荒熱を取りまして、冷蔵庫で2時間ほど。
a0247141_20461883.jpg




そして、できあがりがこちらです!!

a0247141_20463520.jpg

味は前回の反省を踏まえて向上しています。
もう少し練乳をいれてもいいかもしれませんね。



これを基本として、抹茶を入れたらどうか?珈琲を入れてみたらどうか?紫芋の粉は?
などと色々と考えをめぐらせながら、今回の反省をメモに残して、目立つ所に貼り、次回に臨みます。
a0247141_22205251.jpg


これを次の日の準備をしながら、多い時は1日で3品つくったり、思いついたら朝まで続けたりしています。
定番を守りながらも、新しいものを常に産まないと陳腐化してしまうのが商いです。
何よりも本当に美味しい商品を食べていただきたい。
その思いで動いています。


あと、単純に料理が好きというのもあります笑


そんなかんじで日々を送っています。


という今回。

楽しんでいただけましたでしょうか?


今回はちょっと写真に無理やり感があったかもしれません。
そのあたりはどうか、ご勘弁ください汗


それでは、また来週お会いしましょう。
(次回の更新は大丈夫ですので)


今回もご覧いただき、本当にありがとうございました。


a0247141_21385085.jpg

[PR]
by isshinnh | 2012-04-28 22:40 | その他